介護予防における地域リハビリテーション推進事業

 
地域ケア会議や要支援者等に対する介護予防事業を検討する際に、リハビリテーションの専門職の助言が得られるよう、医療機関、理学療法士会・作業療法士会・言語聴覚士会などと連携して、広域派遣アドバイザーを派遣します。

介護予防講座など講師依頼から開催までの流れ

東京都地域リハ推進広域派遣アドバイザー事業実績一覧(平成27年12月末日時点)

また、地域のリハ専門職を幅広く対象にして、新しい介護予防事業の推進に必要な知識を習得するための研修を実施しています。
高齢者が、住み慣れた地域において、それぞれの状態に応じた質の高いリハビリテーションが包括的に提供される、生活期のリハビリテーションを支える人材の養成も行っております。

依頼講演事業とは …

 

依頼講演事業

南多摩圏域地域リハビリテーション支援センターでは、圏域内の地域住民や、関係機関に対する支援を目的に出張講演を行っております。
事業としては平成21年度より開始いたしました。
皆様の積極的なご活用をお願いいたします。
お問い合わせ等は南多摩圏域地域リハビリテーション支援センター事務局(永生病院地域リハ支援事業推進室)までお願い致します。

これまでの依頼出張講演
相談・申請書

▲PageTop
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。
Copyright © 2017 Tokyo South-Tama Community Based Rehabilitation Center (M-CBR). All Rights Reserved.