平成26年度「新人セラピスト教育研修 第3回」

 
平成26年度「新人セラピスト教育研修 第2回」
平成26年度「新人セラピスト教育研修 第3回」(PDF)

第3回テーマ
「明日から使える中枢神経疾患に対するバランス訓練」

講師:中澤幹夫先生、永見直明先生、青木忍先生
多摩丘陵病院 リハビリテーション科 理学療法士

日時:平成26年10月23日(木)
時間;午後6時半〜8時
会場:多摩丘陵病院3F 理学療法室
   〒194-0297
   東京都町田市下小山町1491
定員:60名
参加費:無料

下記の申込フォームからお申し込みください。
平成26年度「新人セラピスト教育研修 第2回」申込フォーム

平成26年度「新人セラピスト教育研修 第2回」

 
平成26年度「新人セラピスト教育研修 第2回」
平成26年度「新人セラピスト教育研修 第2回」(PDF)

第2回テーマ
「リスク管理 リハビリ場面でよくある急な病状変化 フィジカルアセスメントとその対応」

講師:佐藤 未奈子
東海大学医学部付属八王子病院
リハビリテーション技術部 理学療法士

日時:平成26年10月9日(木)
時間;午後6時半〜8時
会場:東海大学医学部付属八王子病院 東海ホール
   〒193−0032
   東京都八王子市石川町1838
定員:100名
参加費:無料

下記の申込フォームからお申し込みください。
平成26年度「新人セラピスト教育研修 第2回」申込フォーム

平成26年度 第1回 「新人セラピスト教育研修」

 
平成26年度「新人セラピスト教育研修」
平成26年度「新人セラピスト教育研修」(PDF)

第1回テーマ
「リハ職種のための認知機評評価基礎入門」

講師:江村 俊平
南多摩高次脳機能障害支援センター兼
永生クリニック 言語聴覚士

日時:平成26年9月25日(木)
時間;午後6時半〜8時
会場:介護施設保健施設イマジン
   〒193−0942
   八王子市椚田町583−15
定員:40名
参加費:無料

下記の申込フォームからお申し込みください。
平成26年度「新人セラピスト教育研修」申込フォーム

平成25年度(2013年度) 新人教育研修 一覧

 

2013年度 新人教育研修 一覧表

  日程
施設名
内容・テーマ・仮題 資料
(PDF)
第1回 9月26日(木)
介護老人保健施設イマジン
肩関節疾患の基本的な知識と治療
第2回 10月10日(木)
北原国際病院
脳血管疾患リハにおける基本動作の評価・介入
第3回 10月24日(木)
介護老人保健施設イマジン
リスク管理 訓練室でよくある急な症状変化とその対応
第4回 11月14日(木)
清智会記念病院
ケアマネージャーとの連携(介護保険)
第5回 11月28日(木)
多摩丘陵病院
明日から使える中枢性神経疾患に対するバランス訓練
第6回 12月12日(木)
新天本病院
明日から考える!認知症の基礎とより良い接し方
第7回 平成26年1月9日(木)
八王子生涯学習センター
多職種で学ぶ福祉用具-制度と事例-
第8回 平成26年1月23日(木)
介護老人保健施設イマジン
学ぼう!実践的口腔ケア

平成25年度 第8回 新人教育研修プログラム (新人セラピスト教育研修会)

 

テーマ: 学ぼう!実践的口腔ケア

平成25年度第8回新人セラピスト教育研修
平成25年度第8回新人セラピスト教育研修 ご案内(PDF)

※本研修会は入職1~3年目のセラピスト、および口腔ケアに関心のある方・介助されている方を対象として企画しています。普段接している方の誤嚥性肺炎を予防するための口腔ケア技術を習得していきましょう。
※本講習会は実習が中心になります。普段から使用している歯ブラシとコップをお持ち下さい。

開催概要

開催日: 平成26年1月23日(木)
会 場: 介護老人保健施設イマジン
     東京都八王子市椚田町583-15 [地図]
参加人数: 32名
講 師: 陵北病院
     歯科衛生士
      岩田福代 先生、水梨昌子 先生、
      高橋智恵 先生、斎藤しのぶ 先生

内容

2013年度第8回新人研修プログラムの様子

1. 要介護高齢者への口腔ケアの目的

2. 歯周病
 ○歯周病菌が全身に及ぼす影響
 ○口腔ケアと肺炎・インフルエンザの発症率

3. 胃瘻と口腔ケア

4. 機能的口腔ケアと器質的口腔ケア

5. 口腔ケアと摂食・嚥下リハビリテーションの関係
 ○嚥下体操
 ○アイスマッサージ

6. 症例

7. 口腔ケアの実際
 ○ポジショニング
 ○口腔内清掃
 ○開口困難者への対応
 ○舌清掃
 ○義歯の取り扱い

感想

  • スポンジの正しい使い方やK ポイントなど、あいまいだった部分が明確になったので良かったです。
  • 経管栄養でも口腔内ケアが必要であること。ケアをしてもらった感覚を忘れずに生かして行こうと思います。
  • 重曹がタンパク質除去に効果があるということを初めて知りました。
  • 口腔ケアの基礎から教えていただき、ST が吸引できない中での口腔ケアを学べ勉強になりました。実践したことで身につけることができたように思います。
  • 細菌の数におどろきました。肺炎やインフルエンザの発症数・率をまじえた話が記憶に残りました。
  • 肺炎予防の為にも、口腔ケアは重要だなと改めて思いました。
  • 実際に歯科衛生士さんが回りながら丁寧に指導してくださり、非常に分かりやすかった。
  • 経管栄養でも口腔内ケアが必要であること。ケアをしてもらった感覚を忘れずに生かして行こうと思います。

心に残った一言

・Kポイント
・バス法

関連リンク

平成25年度(2013年度) 実績報告の一覧へ

▲PageTop
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。
Copyright © 2017 Tokyo South-Tama Community Based Rehabilitation Center (M-CBR). All Rights Reserved.