平成23年度 南多摩 医療と介護と地域をつなぐ会 第7回フォーラム -実績報告等-

 

平成23年度 南多摩 医療と介護と地域をつなぐ会 第7回フォーラム -実績報告-
平成23年度(2011年度) 実績報告の一覧へ

平成23年度 南多摩 医療と介護と地域をつなぐ会 第7回フォーラム -実績報告-

 

南多摩 医療と介護と地域をつなぐ会 第7回フォーラム抄録集ダウンロード
南多摩 医療と介護と地域をつなぐ会第7回フォーラム 抄録集(PDF)

正誤表(PDF)

 日 時: 平成24年3月4日(日) 10:00~18:00
 場 所: 八王子市学園都市センター
      (八王子市東急スクエアビル12階)
      東京都八王子市旭町9番1号
      TEL.042-646-5611
 テーマ: 『医療と介護と地域をつなぐ』
 参加者:  224名

プログラム

→シンポジウム

テーマ:「医療と介護と地域をむすぶ」
(座長 八王子保健生活協同組合はちせい複合事業所もとはち 事務長 黒澤 秀幸 先生)

1.小講義
  「リハビリ医の妻が脳卒中になった時」
   講師 三軒茶屋リハビリテーションクリニック院長 長谷川 幹 先生

2.報告
  「どこまでもいつまでもイキイキと生活するために ~対象者主体と多職種連携のツールとしての生活行為向上マネジメント~」
   講師 石岡市医師会 介護老人保健施設ゆうゆう
      リハビリテーション科 科長 渡邉 基子 先生

3.シンポジウム
  「マイペースで昨日まで、そして明日から」
   城山地域リハビリテーションセンター利用者 水船 理一 様
  「脳梗塞を越えて森に帰るまで ~私をリハビリに駆り立てたもの~」
   新天本病院利用者 NPO法人 森づくりフォーラム理事 松井 一郎 様
  「『天国の門』はどんな人に開かれるのか?」
   ふれあい町田ホスピタル利用者 増本 能人 様
  「小規模多機能の受け入れにより安定した在宅生活を維持できるようになるまで」
   八王子保健生活協同組合 小規模多機能 快杜 管理者 近藤 剛 様
  「音声障害、構音障害に対する音声読み上げアプリケーション“指伝話”の使用経験」
   永生病院 副院長 赤木 家康 様

4.ディスカッション

→一般演題

一般演題Ⅰ:症例報告
(座長 多摩丘陵病院 診療技術部 理学療法科 主任 永見 直明 先生)

 

一般演題Ⅱ:取組み・試み
(座長 杏林大学保健学部理学療法科 准教授 榎本 雪絵 先生)

→テーマ別演題

パネル展示 『生活環境・福祉用具』

リハビリ部門における車椅子などの福祉用具のレンタル導入の試み
  多摩丘陵病院 理学療法士 中澤幹夫
安心生活のための住環境整備
  株式会社山六 介護ショップミニロクメイト
みんなが安心して住み続けられる「住まい」を作る
  多摩ニュータウン・ケア連携バリアフリー改修事業

パネル展示 『地域交流』

旅行を振り返って
  スマイル永生利用者 馬場淑子 近藤光雄 同理学療法士 奥野藍
市民公開講座の取り組み・施設紹介
  清智会記念病院
失語症友の会『元気でやってる会』
  多摩丘陵病院 言語聴覚士 小島千寿子
八王子にじの会
  八王子にじの会事務局
八王子言語聴覚士ネットワークによる講演会等の活動報告
  訪問看護ステーションめだか 言語聴覚士 山本徹 永生病院 白波瀬元道
描き続けるということ
  中津達
「富士山」と私 この一年
  百瀬進
東京医科大学八王子医療センターリハビリテーション部紹介 ~オオルリの会~

パネル展示 『アクティビティ』

高次脳機能障害・就労支援リハプログラム 丸八工房
高次脳機能障害生活支援員養成講座について
障がい者就労支援プロジェクト平成23年度事業報告
北原国際病院 施設紹介
北原リハビリテーション病院 施設紹介
デイケアセンター オリーブ 施設紹介
ふれあい町田便vol.4 ~私たちの目指すもの~
エンジェルコート総合医療施設 施設紹介
介護予防通所リハビリテーションセンター風々の活動紹介
八王子保健生活協同組合と地域支援活動への取り組み
平成23年度における永生会南多摩病院リハビリテーション科の取り組み
南多摩地域リハ支援センター平成23年度新人研修の取組み
南多摩地域リハ支援センター平成23年度事業報告

平成23年度(2011年度) 実績報告一覧へ

平成23年度 南多摩 医療と介護と地域をつなぐ会 第7回フォーラム

 
南多摩 医療と介護と地域をつなぐ会 第7回フォーラム
南多摩 医療と介護と地域をつなぐ会
第7回フォーラム ポスター(PDF)

日 時:  平成24年 3月 4日(日) 10:00~18:00
場 所:  八王子市学園都市センター  [地図]
     (八王子市東急スクエアビル12階)
      東京都八王子市旭町9番1号
      TEL.042-646-5611
テーマ:  『医療と介護と地域をつなぐ』
参加費:  無料
対 象:  南多摩圏域にお住まい、またはお勤めで、
      地域医療・福祉に関心のある全ての方々

内 容:
 ○ シンポジウ
 ○ 一般演題
   口述発表(12題)
 ○ テーマ別演題
   ポスター発表(30題程度)
   (「生活環境・福祉用具」、「地域交流」、
    「アクティビティー」のテーマ別演題、
    施設・地域活動・当事者活動・取組みの紹介30題程度)

主 催: 南多摩保健医療圏地域リハビリテーション支援センター

第7回フォーラム –
ご案内、演題募集要項
ハガキ
プログラム一覧
会場案内

平成22年度 第6回 学術集会

 
conference_assembly_no06_pop

第6回学術集会(PDF)

日 時:  平成23年 3月 6日(日) 10:00~16:30
場 所:  八王子市学園都市センター
     (八王子市東急スクエアビル12階)
テーマ:  『バリアアリー から バリアフリー へ
       ~それぞれの垣根を越えて~』
参加費: 無料
対 象: リハビリテーションに関心をお持ちの
     すべての方

スケジュール:
 10:00~12:30  一般演題 口述発表(14題)
 13:30~14:30  ポスター発表
 (施設・地域活動・当事者活動紹介・
  南多摩福祉機器展「適合の試み」発表など35題)
 14:30~16:20  シンポジウム

平成22年度 第6回 学術集会 -実施講習会等の概要-

 


 日 時: 平成23年3月6日(日) 10:00~16:30
 場 所: 八王子市学園都市センター (八王子市東急スクエアビル12階)
 テーマ: 『バリアアリー から バリアフリー へ ~それぞれの垣根を越えて~』
 参加者: 172名

プログラム

→一般演題(14演題)

一般演題Ⅰ:症例報告
(座長 医療法人社団玉栄会 東京天使病院 リハビリテーション科科長 佐々木 良 先生)

 

一般演題Ⅱ:研究報告
(座長 医療法人社団光生会 介護老人保健施設 ハートランド・ぐらんぱ ぐらんま リハビリテーション科 科長 村上 功 先生)

→施設・活動紹介

パネル展示Ⅰ 施設・活動紹介

(医)康心会 ふれあい町田ホスピタル
  患者様活動紹介 「リハビリ和竿師奮闘記」(鈴木秋水氏(ペンネーム))
(医)康心会 介護老人保健施設 ふれあいの町田
(医)康心会 ふれあい町田ホスピタル 家族交流会
医療法人社団 幸隆会 多摩丘陵病院
東京医科大学八王子センターリハビリテーション部
医療法人社団清智会 清智会記念病院 リハビリテーション部
永生クリニック 高次脳機能障がい 就労支援プログラム「丸八工房」
永生会在宅総合ケアセンター 利用者旅行
医療法人社団永生会 介護老人保健施設イマジン デイケア
医療法人社団永生会 南多摩病院リハビリテーション科
書道展示:タイトル「瑞日祥雲」(スマイル永生 利用者 渡辺 知子様)
富士山と私 -この一年- (百瀬 進さん)
にじの会
医療法人社団康明会グループ
医療法人社団玉栄会 東京天使病院 リハビリテーション科
医療法人社団玉栄会 東京天使病院 通所リハビリテーション風々
八王子保健生活協同組合(はちせい)
医療法人社団KNI
  北原国際病院
  北原リハビリテーション病院
  デイケアセンターオリーブ
  北原ライフサポートクリニック
 

パネル展示Ⅱ 南多摩福祉機器展展示ポスター抄録等

移動手段と福祉機器の適合
    八王子市 虹の会 原島 保夫
床でのんびり お風呂でゆったり
    八王子市 川端
全身麻痺のシングルマザー子育て奮戦記
    八王子市 佐々木 良子
要介護度4の妻を支える夫 その夫を支える妻
    八王子市 訪問看護ステーションいるか 中村 静江
願い叶えます!あなたの住まい
    八王子市 (株)山六
訪問シーティングの試み ―高通気性座位保持装置の試作―
    八王子市 訪問看護ステーションとんぼ 石濱 裕規
康明会病院での車椅子選定への取り組み
    日野市 医療法人康明会 康明会病院
回復段階に応じた自助具等の選定・工夫の紹介
    町田市 多摩丘陵病院 三沢 幸史 中澤 幹夫 大熊 勝也
退院前住宅改修指導
    町田市 ふれいあい町田 小林 幸治 
自分の体に合った椅子
    八王子市 家具のまち 八王子 伊藤洋平
姿勢・椅子・健康―木工作家による作品展示と座位姿勢計測具の紹介―
    山梨・河口湖町 “工房木夢” 吉野崇裕
「おうちを元気に からだを元気に」 多摩ニュータウン・ケア連携バリアフリー改修事業
    多摩市 「おうちを元気に からだを元気に」事務局

 

→シンポジウム

テーマ:バリアアリ-からバリアフリーへ ~それぞれの垣根を超えて~

1.基調報告
  「バリアフリー・アンケートの結果報告」-多施設共同研究として- ―ADL評価(FIM)は、当事者・家族の困難・バリアーをどれほど推し量れているのか?―
   南多摩地域リハビリテーション支援センター長 今村 安秀 (整形外科医)
   医療法人社団 KNI 北原リハビリテーション病院 リハビリテーション科科長 永井 純 (作業療法士)
   南多摩地域リハビリテーション支援センター事務局 (石濱 裕規 (理学療法士))
   調査入力:就労サポートサービス 明日葉 利用者の皆様

2.小講義1
  「障害のある方・高齢者の外出に使用する車いすで考慮すべき事」
   神奈川県総合リハビリテーションセンター 研究部リハ工学研究室 藤井 直人 先生

3.話題提供
  「地域でのバリアフリー実践のために」―おうちを 元気に、からだを元気に―
   多摩ニュータウン・ケア連携バリアフリー改修事業の推進にあたり
   (有)横山環境計画事務所 取締役 横山 眞理 様

4.小講義2
  「職場のバリアフリー ~実験的領域という視座~」
   東京大学先端科学技術研究センター 熊谷 晋一郎 特認講師 (小児科医)

5.ディスカッション

→閉会の辞

※シンポジウム記録DVDにつきましては、学術・教育目的の使用に限り、無償で頒布させて頂いておりますので、御希望の方は、御所属・御芳名・連絡先を明記の上、事務局迄ご連絡下さい。

平成22年度(2010年度) 実施講習会等の概要一覧へ

▲PageTop
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。
Copyright © 2017 Tokyo South-Tama Community Based Rehabilitation Center (M-CBR). All Rights Reserved.