平成23年度 第1回 新人セラピスト教育研修 -実績報告-

 

テーマ: 臨床が変わる90分間の軽イイ話 part2-美味しく食べる機能的座位

平成23年度第1回新人セラピスト教育研修
平成23年度第1回新人セラピスト教育研修 ご案内(PDF)

食事に限った事ではありませんが、姿勢が日常生活活動・機能に与える影響は、ご周知のとおりです。今回は、neck free をキーワードに、講義・実技を予定しています。
※本研修会は入職1~3年目のセラピストを対象として企画しています。

開催概要

開催日: 平成23年 9月15日(木)
会 場: 北原国際病院
参加人数: 38名
講 師: 北原脳神経外科病院リハビリテーション科
      八児 正次 先生

内容

2011年度第1回新人研修プログラムの様子1

【1. 食事動作】
 咀嚼・嚥下・味覚の探索が主体となる活動
 姿勢・上肢手指の巧緻性・感覚からの情報・情動などさまざまな要素が必要
 先行期の反応が嚥下反射に影響

【2. 障害像】
 異常性と代償がみられる
 片麻痺患者は感覚情報が不足している→活動の中で変化を作る(柏木)

2011年度第1回新人研修プログラムの様子2

【3. 食事のための機能的座位】
 安定し上肢手や頭頚部が自由であること
 姿勢セット(予測的姿勢制御)→骨盤やや後傾・胸腰推移部・胸椎下部で抗重力伸展
 コアコントロール / ネックフリー

【4. 実技】
 姿勢の安定と運動連鎖、頸部の分離(自由性)を体験する
 座位:隣の人とペアで、座位保持・立ち上がりにおける相手の動きを感じとる。
 臥位:隣人とペアで頚部・体幹・下肢を操作し、身体反応の変化を感じとる。

感想

  • とても勉強になりました。ありがとうございました。
  • 今回の内容で学んだ事を再度練習し、日々の臨床に生かしていきたいと思います。
  • 実技もあり、分かりやすく、今後に生かしていきたいと思いました。
  • 実技時スタッフが多かったのはよかったと思います。
  • コアスタビリティの再確認ができました。
  • スタビリティ→モビリティの反応は今後を活かしたいと思いました。
  • 実習では実際の頚部や胸郭の動きが理解できました。
  • STにも分かりやすいように説明してくださり、ありがとうございました。明日から実践してみようと思いました。

心に残った一言

 「安楽な睡眠や楽しい食事、清潔な身辺環境の維持の中にこそQOLは存在する。」

関連リンク

平成23年度(2011年度) 実績報告の一覧へ

▲PageTop
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。
Copyright © 2017 Tokyo South-Tama Community Based Rehabilitation Center (M-CBR). All Rights Reserved.