平成22年度 第3回 介護者講習会

 

内容:「一般的な介護技術について」~ホームヘルパーさんができる、こんな事あんな事~

日 時: 平成22年10月23日(土)
時 間: 午後1時30分~午後4時 (受付開始:午後1時)
場 所: 介護老人保健施設 イマジン 2F
定 員: 25名
参加費: 無料

平成22年度 第2回 新人セラピスト教育研修 -実施講習会等の概要-

 

テーマ: 「虚血性心疾患の運動処方・運動療法」

平成22年度第2回新人セラピスト教育研修
平成22年度第2回新人セラピスト教育研修 ご案内(PDF)

狭心症や心筋梗塞の虚血性心疾患は、高齢社会の現代で死亡率、発病率が高く臨床上、主病名や合併症として多く遭遇します。しかし、リスクの高さや評価・治療の困難性に皆さん困惑しているのではないでしょうか? そこで今回、虚血性心疾患の運動処方・運動療法を当院の包括的心臓リハビリテーションと合わせて概説します。

開催概要

開催日:   平成22年10月13日(水)
会 場:   東海大学八王子病院
参加人数:  81名
講 師:   宮古裕樹 先生
      (東海大学八王子病院リハビリ訓練科)

内容

2010年度第2回新人研修プログラムの様子1

【1.虚血性心疾患の分類】
 1)一過性心筋虚血(安定狭心症,不安定狭心症)
  症状:5~15分以内でおさまる一過性の痛み。安静にすると良くなる。
  原因:動脈硬化や冠攣縮、酸素の需要と供給のバランス
  対応:ニトログリセリンが有効。
 2)心筋梗塞
  症状:30分以上長く続く焼けつくような激しい痛み。
  原因:血管内プラークの破たん+血栓
  対応:一刻も早く救急車で病院に行く。

2010年度第2回新人研修プログラムの様子2

【2.虚血性心疾患の治療】
 一次予防:運動療法、食事療法、禁煙、薬物療法
 急性期治療:冠動脈インターベンション、冠動脈バイパス術
 二次予防:包括的心臓リハビリテーション

【3.心臓リハビリテーション】
 目的と効果、生存率、運動処方、AT処方の根拠とメリット、
 ATとPaeak VO2、MET、処方時の強度、
 レジスタンストレーニングの意義と安全性,リスク管理

【4.リスク管理全般】
 リハビリ中止基準、禁忌事項、病態の理解

【5.まとめ】

 心に残った一言:「患者さんの苦痛を取り除き、楽しく長生きをしていただく。」

感想

  • 難しい内容でしたが、何となく行っていた運動(バイタル等の最小限のチェック)もエビデンスが良く分かりました。施設なので医師の禁忌の指示もほとんどなく、今回教えていただいた事を十分に復習して、生かしていきたいと思います。ありがとうございました。
  • 膨大な情報で消化するのに時間がかかるかと思いますが、とても為になる資料や情報で勉強になりました。作業療法士でも心臓リハに少し詳しくなるよう勉強していきたいと思います。ありがとうございました。
  • 多くの情報を提示して頂き、多少ついていけない部分もありつつ、自力で幅広い勉強が出来ると思います。日常の臨床にて心循環に着目するきっかけになると思います。ご講演ありがとうございました。
  • 心疾患や心リハについての知識が全くと言って良いほど無かったのですが、宮古先生の講義を受けて、少し心臓に対する知識が増えた気がします。外来の患者さんにも心疾患を合併している方はかなり多いので、自宅での生活におけるリスク管理について、医療者としてご本人や家族に正確に伝えることも重要だと思いました。
  • 虚血性心疾患の運動療法について、専門的な知識を学ぶことが出来ました。私は1年目のSTなので、全てを理解することは出来なかったのですが、詳細な資料を作成して頂き、これを元に知識を再確認していこうと考えます。貴重な講演、どうもありがとうございました。
  • 心臓リハになかなか触れる機会が無く、大変勉強になりました。専門的な内容で再度勉強が必要だと感じました。ありがとうございました。平地歩行の評価など、器具を用いなくても可能な指標の提示もありがたかったです。
  • 急性期の心疾患を担当する機会は少ないですが、合併症・既往として心疾患のリスク管理を本日学んだことを活かしていきたいと思います。
  • 虚血性心疾患に対するリスク等の知識を深めることが出来、今後のリハに応用できるようにしていきたいと思います。ありがとうございました。

平成22年度(2010年度) 実施講習会等の概要一覧へ

平成22年度 第1回 新人セラピスト教育研修 -実施講習会等の概要-

 

テーマ: 臨床が変わる 60分間の軽イイ話(片麻痺編)

平成22年度第1回新人セラピスト教育研修
平成22年度第1回新人セラピスト教育研修 ご案内(PDF)

片麻痺をもった患者様の姿勢と運動に介入するとセラピストは多くの困難に出会います。
しかしこの困難性は、介入する我々が助長している事もあります。ヒトが効率よく動くためのイイ話と実技を紹介します。

開催概要

開催日:   平成22年 9月29日(水)
会 場:   北原脳神経外科病院
参加人数:  73名
講 師:   八児 正次 先生
      (北原脳神経外科リハビリテーション科)

内容

2010年度第1回新人研修プログラムの様子1

【1.セラピストの心構え】
  クライエントに喜ばれるセラピストとは

【2.脳機能と運動制御】
  脳損傷による臨床症状とは
  中枢神経系の可塑性

2010年度第1回新人研修プログラムの様子2

【3.片麻痺者のとらえかた】
  姿勢の評価・分析
  アライメント
  Core stability

【4.介入のヒント】
  うまい介助誘導とは・・・
  触れ方と姿勢筋緊張
  クライアントの動きに抗わない
  寄り添いながらクライアントの動きの幅を拡げていく

【5.座位立位で体験できる実技】
  立ち上がり:隣の人と肩を組んで立ち上がる
  自分の動きを相手に伝える―相手の動きを感じとり、学びとりながら動く。

【6.まとめ】

 心に残った一言:「リハビリテーションは日々“感動”できる仕事。」

感想

  • 実技を交えた教授は理解しやすかったと思いました。
  • ボバースコンセプトについての理解が深まりました。
  • 患者様との感覚の共有(感じ取ること)は難しいと感じましたが勉強していきたいです。
  • 新しい視点からみることができました。とても細かな意識を高めていくことで今まで感じることのできない反応をかんじると思いました。
  • 患者様へのタッチの仕方でも姿勢筋緊張は変化するため日頃の自分自身の触診の仕方も意識していく。
  • 立ち上がりの動作分析などはほとんど経験がなかったので少し知識をもって参加したいと思いました。
  • 今回の講習でもっと運動学を知りたいです。
  • 実技もあり、頭に入り易かったです。
  • 初めて知ること、聞いたことがあるけど…と言うことが、とても分かりやすく説明していただけて、面白かったです。
  • 患者さんが感じることが非常に大切だと感じました。
  • 基礎的な機能評価を再度確認し、姿勢アプローチを見直してみようと思いました。
  • もっと患者さんを感じながら、リハビリをしていかなければと感じさせられました。
  • とても難しい内容だと感じました。正しい評価の上に成り立つコンセプトだと思ったので更に勉強しなければと改めて感じています。
  • 非常に勉強になりました。今日の内容を踏まえ、知識・技術を向上させていきたいです。
  • 座学だけでなく、実技(デモンストレーション)もあり、楽しく聴講することが出来ました。私はSTですが、PTの先輩や同期から更なる知識を学んでいきたいと思います。

平成22年度(2010年度) 実施講習会等の概要一覧へ

平成22年度 動作介助法講習会(HNA理論による動作介助法) -実施講習会等の概要-

 
詳しくは、動作介助研究会HPへ
平成22年度 動作介助法講習会[HNA理論による動作介助法]
平成22年度 動作介助法講習会[HNA理論による動作介助法] ご案内(PDF)

 会 場:   介護老人保健施設イマジン
 講 師:
  斉藤 大輔 先生 (NPO法人 動作介助研究会
    医療法人社団 愛友会 動作介助研究会員)、
  高城 宗敏 先生 (NPO法人 動作介助研究会)、
  中野 まり子 先生 (NPO法人 動作介助研究会)

内容

 1回目: 平成22年 9月 9日(木) 「ホールドアンドカバー法」(斉藤大輔講師)
 2回目: 平成22年10月 7日(木) 「スライド法」(高城宗敏講師)
 3回目: 平成22年11月11日(木) 「寝返りから起き上がりまで」(中野まり子講師)

【トランスファーの問題点】
 「持ち上げる」ことによる腰痛・事故

【Human Natural Action の概念】
 人間の正常な動作パターンが理論の中心として用いられる。
 「わたしたちはどのように動くのか?」⇒「ケースは何ができるのか?」を考えることで、、必要なところにのみ介助を加えていく。介助が最小限で行われるためケースの残存能力がいかされる。

【トランスファーに介助を要する原因】
 1.下肢の支持性はあるが、立ち上がれない
 2.下肢・体幹の支持性が無い

【介助をする上で忘れてはならないこと】
 ・ケースの能力を的確に判断する
 ・「ケースを動かす」のではなく「動くことを手伝う」
 ・「してあげる」ことでケースの能力を奪わない(過介助になっていないか?)
 ・「適切な声かけ」も立派な介助である
 ・ケースが不快な思いをしていないか考える

感想

  • ケアワーカーに伝えるためにもがんばります。
  • 日々の業務もお忙しいなか、計画から実施まで御尽力頂き、ありがとうございました。
  • とても有意義な時間になりました。とてもわかりやすく、便利なトランスファーを教えて頂きました。ありがとうございました。
  • とても良い研修会でした。改めて自分の重心移動の大切さを実感しました。
  • 明日から使える知識:技術をありがとうございました。
  • 実際の業務内で、スライド法を使用し、ご本人、スタッフに、楽なケアが出来るようになりました。
  • 実際に臨床で使ってみたいなと思います。
  • デモンストレーションを丁寧に行っていただき、分かりやすかったです。
  • 参加人数に対してしっかり講師の方についていただき指導を受けられることができました。
  • トランスファー、起居動作の患者様、介護者に負担のかからない動作を学べました。臨床の場で活かしていきたいです。
  • みんなに伝達していきたい。最後に参考用紙をもらえて助かりました。ありがとうございました。
  • 現場で使える介助法をわかりやすく伝えていただきました。ありがとうございました。
  • 具体例をまじえてとてもわかりやすく、参考になりました。
  • 実際の現場でも導入してみたいと思いました。
  • とても勉強になり、臨床で役に立ちました。ありがとうございました。

関連リンク

 動作介助研究会

平成22年度(2010年度) 実施講習会等の概要一覧へ

平成22年度 第2回 介護者講習会

 

内容:「呼びかけに反応がない時の対応について」~その時あわてない為に・・・!~

日 時: 平成22年8月29日(土)
時 間: 13:30 ~ (受付開始 13:00)
場 所: 介護老人保健施設イマジン2階デイルーム
定 員: 25名
参加費: 無料

▲PageTop
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。
Copyright © 2017 Tokyo South-Tama Community Based Rehabilitation Center (M-CBR). All Rights Reserved.