平成23年度 第4回 新人セラピスト教育研修 -実績報告-

 

テーマ: 虚血性心疾患の運動処方・運動療法

平成23年度第4回新人セラピスト教育研修
平成23年度第4回新人セラピスト教育研修 ご案内(PDF)

※本研修会は入職1~3年目のセラピストを対象として企画しています。

開催概要

開催日:   平成23年10月27日(木)
会 場:   東海大学八王子病院
参加人数:  54名
講 師:   宮古 裕樹 先生
      (東海大学八王子病院 リハビリ訓練科)

内容

2011年度第4回新人研修プログラムの様子1

【1. はじめに】
 日本における死因において、「心疾患」は「がん」に次いで第2位。
 動脈硬化の有病率は、加齢とともに増加する。

【2. 虚血性心疾患の分類】
 狭心症:心筋の一過性の虚血。5~10分以内でおさまる。ニトログリセリンが有効。
 心筋梗塞:冠動脈血流減少による心筋の壊死。30分以上続く重苦しい痛み。

2011年度第4回新人研修プログラムの様子2

【3. 虚血性心疾患の治療】
 一次予防:運動療法 / 食事療法 / 禁煙 / 薬物療法
 急性期治療:冠動脈インターベンション / 冠動脈バイパス術
 二次予防:包括的心臓リハビリテーション

【4. 心臓リハビリテーション】
 適応疾患:心筋梗塞・狭心症・弁膜症術御など。
 心リハの目的と効果:長期予後改善・再発予防を目的に、運動療法を実施することで、最大酸素摂取量の増加・突然死の減少がみられる。
 運動療法:有酸素運動 / レジスタンストレーニング / 機能障害に対する機能訓練
 リスク管理:ACSM運動療法ガイドライン

【5. 地域ネットワーク】
 HTCセミナー / 八王子心リハカンファレンス / 心リハ指導士 研修施設

感想

  • 心リハについて、現在の病院では勉強する機会も少ないので、とても勉強になりました。
  • とても専門的な内容で今後より勉強したいと思う刺激になりました。ありがとうございました。
  • 貴重なお話しをありがとうございました。明日からの臨床にいかしていきたいと思います。
  • STだったのですべて新しい知識でしたが、心疾患を合併している方も多いので、今後の糧としていけたらと思います。
  • 心疾患について理解不十分な部分が多くあったので、講義を聞きとても勉強になりました。
  • 新しい知識・情報が多く、勉強していかなければと改めて思いました。
  • 脳卒中の患者様でも心疾患を合併している方が多いので、明日から負荷量等検討し直そうと思いました。

心に残った一言

 「患者さんの苦痛を取り除き、楽しく(生活の質の改善)長生き(生命予後の改善)をしていただく。」

関連リンク

平成23年度(2011年度) 実績報告の一覧へ

2011.11.19 平成23年度 介護者講習会 特別講習会

 

介護者講習会特別講演の御案内を更新しました。

第3回 学習会 障がい者就労促進プロジェクト(後援)

 

日 時: 平成23年10月16日(日) 13:30 ~ 15:30
場 所: 医療法人社団KNI 北原国際病院 4階 [地図]
テーマ: 「脳卒中 再び働くことを考えよう~一歩前に進む為に~」
講 師: NPO法人わかくさ福祉会 障害者就業・生活支援センターTALANT
      センター長 野路和之氏 他
講 座: 『再び働く為のワンポイントアドバイス』
     ・ゲストスピーカーをお招きし、再び働く為に役立つ様々な情報を提供していただきます
対象者: 障害者のはたらくことにご興味のある方
      (当事者の方、医療機関スタッフ、就労支援機関スタッフ など)
参加費: 無料

主 催: 医療法人社団 北原脳神経外科病院 / 有限会社 ソーシャルケアユニット
後 援: 東京都南多摩保健医療圏地域リハビリテーション支援センター

ご案内 お申込用紙

平成23年度 第3回 新人セラピスト教育研修 -実績報告-

 

テーマ: 介護保険の理解と活用~医療と介護と地域をつなぐ~

平成23年度第3回新人セラピスト教育研修
平成23年度第3回新人セラピスト教育研修 ご案内(PDF)

本格的な高齢化社会を迎え、高齢者が生涯にわたり健やかで安心した生活を送るために、介護保険は欠かせません。また、リハビリで出会う多くの脳卒中の患者様は、医療から介護・福祉へと切れ目のないサービスが必要とされており、リハビリにとって介護保険は重要な制度です。今回は、介護保険制度の基本的な事項について、わかりやすく解説していただきます。
※本研修会は入職1~3年目のセラピストを対象として企画しています。

開催概要

開催日:   平成23年10月13日(木)
会 場:   介護老人保健施設イマジン
参加人数:  68名
講 師:   本間 穣 先生
      (八王子市地域包括支援センターゆうゆう)

内容

2011年度第3回新人研修プログラムの様子1

【1. 介護保険の基本的理解】
 目的:その人が自立した日常生活ができるよう、必要なサービスに係る給付を行う。
 対象者:第一号被保険者(65歳以上の高齢者)
     第二号被保険者(40~64歳の特定疾病に該当する方)
 利用の流れ:
  認定申請→認定調査→認定審査→結果通知→ケアプラン作成→サービス開始
 給付には、要支援・要介護認定とケアプランが必要
 ケアマネージャー:
  所属は介護福祉関連施設が中心。基礎資格は8割以上が介護・福祉系。

2011年度第3回新人研修プログラムの様子2

【2. サービス内容について】
 訪問系サービス:訪問介護(ホームヘルパー)、訪問入浴介護、訪問看護
 通所系サービス:通所介護、通所リハ
 住宅改修:一人当たり一住居20万円、都制度による費用補助あり
 福祉用具:購入(5品目)、貸与(12品目)
 介護保険施設:介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設
 地域密着型サービス:地域の実情に応じて、市区町村が指定申請。

【3. 連携について】
 病院退院前後、訪問から通所への切り替え等で、リハの支援が必要。

感想

  • 支援センター側からのセラピストに向けて求めることを教えていただけたことが勉強になりました。
  • ケアマネへ動作面を丁寧に伝えることが大事であることを実感しました。
  • 介護保険下のサービスにつなぐ際に考えなくてはならない点を学ぶことができて良かったです。
  • 患者様やご家族から介護保険について質問されることが多々あるため、とても勉強になりました。
  • 市区町村ごとに制度が若干違い、八王子の特徴が知ることがでて良かった。
  • サービス、福祉用具(レンタル・購入)などの利用方法、流れが分かりやすく理解できた。
  • 機能面を知っているPT・0Tと、在宅に詳しいケアマネさんとの連携が、患者様が自宅復帰するにあたり、とても必要なことだと実感しました。

心に残った一言

 「医療関係の方にも介護保険を知って頂いて、連携が深まると良いと思います。」

関連リンク

平成23年度(2011年度) 実績報告の一覧へ

平成23年度 第11回 神経難病地域リハビリテーション研修会(共催) -実績報告-

 

テーマ: 「在宅リハビリにおける福祉用具・車椅子の活用と実習 神経難病療養者の災害対策」

第11回 神経難病地域リハビリテーション研修会[共催]
第11回 神経難病地域リハビリテーション研修会[共催] ご案内(PDF)

開催概要

開催日: 平成23年10月12日(水)
会 場: 東京都府中療育センター あじさい館
参加人数: 48名
講 師:
 地域リハビリテーション支援事業推進室(永生会)
   石濱 裕規 先生
 永生病院
   岩谷 清一 先生
 都立神経病院 地域療養支援室
   三浦 千裕 先生

内容

2011年度第11回神経難病地域リハビリテーション研修会の様子1

「在宅リハビリにおける福祉用具・車椅子の活用と実習」

1.講義
 福祉用具の不適合がもたらすこと
 在宅ニーズに寄り添う適合支援
 福祉用具の情報収集
 様々な疾患 福祉用具適合技術
 利用者に学ぶ
 簡易シーティングの紹介

2011年度第11回神経難病地域リハビリテーション研修会の様子2

2.実習
 評価 マット評価と身体寸法計測
 車いす調整 デモ
「 神経難病療養者の災害対策-平常時からできる医療機器の備えや取り組み-」
吸引機、人工呼吸器、電動ベッド、エアマットレス等の停電対策と簡易代替機器の紹介

感想

  • だんだん災害の危機管理に対して意識が薄くなってしまっていたので,再度見直していきたい。
  • とても参考になりました.ありがとうございました。
  • シーティングについてはHPの検索も見てよりよいものを見つけ提供できるようになれればと思いました。
  • 災害対策についてはまだ不十分なところが多いので参考にさせて頂ければと思います。
  • とても有意義な内容でした ありがとうございました。
  • わかりやすい資料と説明で勉強になりました。
  • ミーティングの評価について勉強になりました。
  • 実技の時間がもう少しとれたら良かったです。

関連リンク

平成23年度(2011年度) 実績報告の一覧へ

▲PageTop
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。
Copyright © 2017 Tokyo South-Tama Community Based Rehabilitation Center (M-CBR). All Rights Reserved.