平成23年度 第1回地域リハビリテーション講習会(東日本大震災リハビリ支援報告会) -実績報告-

 

テーマ: 「僕たちは、何が出来たんだろう? ~東日本大震災のリハビリ支援~」

平成23年度第1回地域リハビリテーション講習会(東日本大震災リハビリ支援報告会)
平成23年度第1回地域リハビリテーション講習会(東日本大震災リハビリ支援報告会) ご案内(PDF)

あの東日本大震災から約5ヵ月が経ちました。
被災地へ向けて多摩地区からもたくさんのリハビリセラピストが現地へ向かい活動をしました。僕たちは、何が出来たのでしょうか。復興が長期化する中、
リハビリ関係者がこれからできることを考えるための、報告会です。

開催概要

開催日: 平成23年 9月16日(金)

会 場: 八王子市クリエイトホール11階 視聴覚室

参加人数: 50名

講 師: 新天本病院 今村 諭 先生 他

内容

今村 諭 先生(福島にて被災(避難区域内で病院経営) 現、新天本病院)
石井 博之 PT(栃木(療護施設)にて被災 現在、杏林大学)
嶋崎 眞治 PT(永生病院 東京都医師会医療救護班 気仙沼)
小森 梓 PT(あい訪問看護ステーションJRS 巡回療養支援チーム気仙沼)
齋藤 俊文 PT(老健イマジン リハビリ10団体 石巻)

東日本大震災翌日から救援活動に参加したスタッフの報告
今回は被災に遭われた当事者からの報告

被災地では「○○が求められているはずだ」、「自分は○○ができる」と、活動を絞り込んで現地に赴く方がいるが、被災地・被災者のニーズは日々変化ししている。その時はその日に出ているニーズに合わせて臨機応変に対応していくことが大切。もし何かを断られる場面が出たとしても、それは意地悪や怠慢ではなく理由のあることなんだ、と考える参加者間の信頼関係がベースにあって、はじめてお互いが気持ちよく活動できる。

感想

気仙沼地域リハ支援センター後藤様より

  • リハビリ関係者は人馴れしている。それが被災地・被災者にとっては何よりだった。…他の職種ではみられない。
  • 復興が順調に進んでいるのは被災地に入ってくれた自衛隊、ボランティアの皆さんのお蔭。市民を代表して心から感謝します。
  • ボランティア自身の満足は望むものではないが、行った者としては非常に気にかかるものだった。…医療救護班医師 「不完全燃焼ですが…。」

平成23年度(2011年度) 実績報告の一覧へ

平成23年度 第2回 新人セラピスト教育研修 -実績報告-

 

テーマ: HNA; Human Normal Action理論によるトランスファ

平成23年度第2回新人セラピスト教育研修
平成23年度第2回新人セラピスト教育研修 ご案内(PDF)

毎年好評を得ています「HNA理論による移乗動作法」の講習会、今年度は新人教育研修として企画しました。実技が主体のインフォメーションコースです。現場で活かせる技術をぜひ体感してください。職種に関係なく医療・介護・リハビリにあたる多くの皆様の参加をお待ちしております。
※本研修会は入職1~3年目のセラピストを対象として企画しています。

開催概要

開催日:   平成23年 9月29日(木)
会 場:   永生病院
参加人数:  52名
講 師:   動作介助研究会インストラクターの皆さん

内容

2011年度第2回新人研修プログラムの様子1

【1. Human Natural Actionとは】
 人間の正常な動作パターンが理論の中心として用いられる。
 「持ち上げる」ことによる腰痛・事故を防ぐ。
 最小限の介助で行われるためケースの残存能力が活かされる。

【2. トランスファーに介助が必要なケース】
 下肢の支持性はあるが、立ち上がれないケース。
 下肢・体幹の支持性が無いケース。

2011年度第2回新人研修プログラムの様子2

【3. 介助をする上で忘れてはならないこと】
 ケースの能力を的確に判断する。
 「ケースを動かす」のではなく「動くことを手伝う」。
 「してあげる」ことでケースの能力を奪わない(過介助になっていないか?)。
 「適切な声かけ」も立派な介助である。
 ケースが不快な思いをしていないか考える。

感想

  • 普段の日常の接し方を再確認する。よい機会となりました。
  • 分かりやすい説明と実演をとても学習できました。全ての患者様の身になることが大切だと思いました。
  • 意外な方法で行うのに驚きました。介助とは相手の出来ない部分を見極めて介助するという基本を知る事が出来ました。
  • 対象者の隣に座って太ももの上にのせるやり方は、初めて知りました。
  • 今まで介助者の目線でトランスしていましたが、対象者の立場に立ったトランスを改めて教えられたと思います。
  • 重心を感じることは今までにもよく言われてきましたが、このような実技により、より深く理解できました。
  • 実技をたくさんやっていただけて、とてもわかりやすかったです。
  • スライド法を初めて実践してみて、トランスがこんなに楽にできることに驚きました。

心に残った一言

 「移乗介助は、介助者の筋力や体格とは無関係。動きのコツを覚えればよい。」

関連リンク

平成23年度(2011年度) 実績報告の一覧へ

平成23年度 第1回 新人セラピスト教育研修 -実績報告-

 

テーマ: 臨床が変わる90分間の軽イイ話 part2-美味しく食べる機能的座位

平成23年度第1回新人セラピスト教育研修
平成23年度第1回新人セラピスト教育研修 ご案内(PDF)

食事に限った事ではありませんが、姿勢が日常生活活動・機能に与える影響は、ご周知のとおりです。今回は、neck free をキーワードに、講義・実技を予定しています。
※本研修会は入職1~3年目のセラピストを対象として企画しています。

開催概要

開催日: 平成23年 9月15日(木)
会 場: 北原国際病院
参加人数: 38名
講 師: 北原脳神経外科病院リハビリテーション科
      八児 正次 先生

内容

2011年度第1回新人研修プログラムの様子1

【1. 食事動作】
 咀嚼・嚥下・味覚の探索が主体となる活動
 姿勢・上肢手指の巧緻性・感覚からの情報・情動などさまざまな要素が必要
 先行期の反応が嚥下反射に影響

【2. 障害像】
 異常性と代償がみられる
 片麻痺患者は感覚情報が不足している→活動の中で変化を作る(柏木)

2011年度第1回新人研修プログラムの様子2

【3. 食事のための機能的座位】
 安定し上肢手や頭頚部が自由であること
 姿勢セット(予測的姿勢制御)→骨盤やや後傾・胸腰推移部・胸椎下部で抗重力伸展
 コアコントロール / ネックフリー

【4. 実技】
 姿勢の安定と運動連鎖、頸部の分離(自由性)を体験する
 座位:隣の人とペアで、座位保持・立ち上がりにおける相手の動きを感じとる。
 臥位:隣人とペアで頚部・体幹・下肢を操作し、身体反応の変化を感じとる。

感想

  • とても勉強になりました。ありがとうございました。
  • 今回の内容で学んだ事を再度練習し、日々の臨床に生かしていきたいと思います。
  • 実技もあり、分かりやすく、今後に生かしていきたいと思いました。
  • 実技時スタッフが多かったのはよかったと思います。
  • コアスタビリティの再確認ができました。
  • スタビリティ→モビリティの反応は今後を活かしたいと思いました。
  • 実習では実際の頚部や胸郭の動きが理解できました。
  • STにも分かりやすいように説明してくださり、ありがとうございました。明日から実践してみようと思いました。

心に残った一言

 「安楽な睡眠や楽しい食事、清潔な身辺環境の維持の中にこそQOLは存在する。」

関連リンク

平成23年度(2011年度) 実績報告の一覧へ

第15回八王子言語聴覚士ネットワーク講演会(後援)

 

日 時: 平成23年8月3日(金) 19:00 ~ 20:30 (18:30開場)
会 場: 八王子市芸術文化会館 いちょうホール 地下1階 小ホール
テーマ: 「低栄養と侵襲期のリハビリテーション」
講 師: 若林秀隆先生 横浜市立大学附属市民医療センター リハビリテーション科
参加費: 無料 (定員280名)
主 催: 八王子言語聴覚士ネットワーク
後 援: 南多摩保健医療圏地域リハビリ支援センター

「PT・OT・STのためのリハビリテーション栄養」の著者である若林先生をお迎えし,リハビリテーションを施行する際に必須である栄養とトレーニングの知識やマネジメントについてご講義いただきます。

申込方法:
・①氏名 ②職業(所属) ③電話番号 ④メールアドレス を記入の上、
 八王子言語聴覚士ネットワーク事務局まで
 FAXもしくはメールにてお申し込みください。
  eメール: kouza@hachioji-st.net
  Fax: 042-661-4168
定員を超えた場合のみご連絡いたします。

ご案内(PDF)のダウンロード

第14回八王子言語聴覚士ネットワーク講演会(後援)

 

日 時: 平成23年7月18日(月;祝) 14:00 ~ 16:00 (13:30開場)
会 場: 八王子市芸術文化会館 いちょうホール 地下1階 小ホール
テーマ: 「セラピストのための 脳画像の見かたと脳機能」
講 師: 石原健司先生 昭和大学神経内科講師
参加費: 無料 (定員280名)
主 催: 八王子言語聴覚士ネットワーク
後 援: 南多摩保健医療圏地域リハビリ支援センター

高次脳機能障害マエストロシリーズ「画像の見かた・使いかた」「脳画像の読み方」の執筆者である石原先生をお招きし、脳画像の見方の基本から具体的事例までお話しいただきます。画像の見方を学びたい方,脳機能の理解を深めたい方,高次脳機能障害の臨床に関わる方必聴の講演です!

申込方法:
・①氏名 ②職業(所属) ③電話番号 ④メールアドレス を記入の上、
 八王子言語聴覚士ネットワーク事務局まで
 FAXもしくはメールにてお申し込みください。
  eメール: kouza@hachioji-st.net
  Fax: 042-661-4168
定員を超えた場合のみご連絡いたします。

ご案内(PDF)のダウンロード

▲PageTop
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。
Copyright © 2017 Tokyo South-Tama Community Based Rehabilitation Center (M-CBR). All Rights Reserved.