平成22年度 第3回 新人セラピスト教育研修 -実施講習会等の概要-

 

テーマ: 「明日から使える関節可動域訓練」

平成22年度第3回新人セラピスト教育研修
平成22年度第3回新人セラピスト教育研修 ご案内(PDF)

関節可動域制限は、臨床の場面において多かれ少なかれ問題点に挙がります。養成校で学んだ基礎にプラスして、明日からの臨床の場面で使えるヒントを実技を含めて紹介します。

開催概要

開催日:   平成22年11月10日(水)
会 場:   多摩丘陵病院
参加人数:  89名
講 師:   中澤幹夫 先生
      (多摩丘陵病院 理学療法科 科長)

内容

2010年度第3回新人研修プログラムの様子1

【1.関節可動域制限は何故起こるのか】
 関節可動域制限とは
 関節可動域制限の原
 拘縮、強直について

【2.骨格筋の構造と筋線維のタイプ】

【3.結合組織について】
 筋膜と腱のコラーゲン線維走行の違い、粘弾性とは

2010年度第3回新人研修プログラムの様子2

【4.不動が生体へ与える変化】
 不動による線維、蛋白質量、筋組成、筋小胞体、滑膜の変化

【5.関節可動域訓練】
 筋連結について
 軟部組織モビライゼーションについて
 ANATOMY TRAINSについて

【6.実技】
 肘関節、股関節に圧迫・牽引を加えた時の可動域の変化
 上腕二頭筋の軟部組織モビライゼーション(筋の把持の仕方)
 頭皮マッサージによる立位体前屈の変化
 皮膚へのアプローチによる股関節、手関節可動域の変化
 想像することで関節可動域を良くする

 心に残った一言:「リハビリのマッサージやROM訓練とは、その場で気持ちがいいというだけのものではなく、治療としてよくなっていくためのもの。」

感想

  • 簡潔で分かり易く、頭に入り易い内容でした。実技も多く、明日からの臨床に活かせる部分もあり、大変勉強になりました。ありがとうございます。
  • 実技を中心に臨床的な内容が多く、非常に勉強になりました。
  • ROM ex.に関してトータルに分かり易く、自分が得ていた知識の整理もしやすくなると感じました。ありがとうございました。
  • 一人職場で自分でやっていた事の確認や新しい場として今後もお願いします。新人だけでなく、1人でいるセラピスト向けで実技の確認といった形で開いて頂けるとうれしいです。
  • プラットホームを使用し、リハ室だったのでリアル感の中、学べました。
  • 学校では教えてくれない内容でしたので、大変勉強になりました。ありがとうございました。
  • ROMexを行うには筋のアライメント、関節の構造が分からなくては出来ないことが分かった。
  • 私はSTですが、関節可動域訓練の基本的な考え方、手技を理解できました。とても分かりやすかったです。実技指導もあり、明日からの臨床に役立てたいと思います。
  • 臨床の内容について非常に考えさせられる内容で、とても有意義な時間を過ごすことができました。ありがとうございました。
  • 効果のみえる実技・理論の講義で非常にわかりやすかったです。ありがとうございました。
  • すぐに治療に取り入れることばかりで勉強になりました。ありがとうございました。
  • skin mobility の話は非常に若いセラピストには有効でした。気付けるかは本人の感受性であると思いますが、非常に楽しかったです。
  • ROMの今まで知らなかった知識を学ぶことが出来ました。臨床で活かしていけたらと思います。

平成22年度(2010年度) 実施講習会等の概要一覧へ

▲PageTop
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。
Copyright © 2017 Tokyo South-Tama Community Based Rehabilitation Center (M-CBR). All Rights Reserved.