2020年度 福祉用具講習会 ―見て学ぶ最新支援技術動向―

 

テーマ:2020年度 福祉用具講習会 ―見て学ぶ最新支援技術動向―

2020年度 福祉用具講習会
2020年度 福祉用具講習会 ご案内(PDF)

国際福祉機器展など新しい支援機器に触れて体験できるイベントも中止が相次いでいます。そこで、「観て学ぶ最新支援技術動向」と題して、起居・移乗・移動支援機器の最新動向に詳しい専門メーカー・制作事業者の講師による動画配信形式の福祉用具講習会を開催します。
主な紹介内容
・臥位・座位・立位への姿勢変換を支援するベッド
・対人感染リスクを減らす各種移乗支援機器
・最新の義足フィッテイング
・肩脱臼から手指拘縮を予防する上肢装具
・制御機能付下肢装具
・足台が座面の真下にある車椅子
・最新の座位保持装置採型技術
・コロナ治療でも有効とされる腹臥位への体位変換器
 等々

開催日時: 2021年3月26日(金)17:00 ~4月8日(木)24:00
開催形態: 動画配信 期間中いつでも閲覧可
対象者: 福祉用具に関心のある利用者・専門職・市民
参加費: 無料 事前申込制
内 容: 支援技術の基礎と最近機器動向を動画で紹介
1.起居
 講師 橋根 壮士 氏
 フランスベッド株式会社 メディカル南多摩営業所長
2.移乗
 講師 平沼 祐次 氏
 アビリティーズ・ケアネット株式会社 本店第2営業部八王子営業所長
3.移動
(1)義肢
 講師 藤田 悠介 氏
(公財)鉄道弘済会義肢装具サポートセンター 義肢装具士
(2)装具
 講師 木原 治彦 氏
 オットーボック・ジャパン株式会社 理学療法士
(3)車椅子・座位保持装置・体位変換 
 講師 光野 有次 氏
 有限会社でく工房取締役会長 リハエンジニア・デザイナー

  共 催:南多摩保健医療圏地域リハビリテーション支援センター
      西多摩保健医療圏地域リハビリテーション支援センター
  申 込:終了(申込締切 3月31日(水) 携帯キャリアメールでの申込不可)
     ・申込者情報は当センター講習会のご案内目的のみで管理いたします。
  参加者:166名
  受講(動画視聴)回数:860回

資料 認証あり

第5回南多摩福祉機器展 災害対策リハ工学セミナー 報告(後援)

 
第5回南多摩福祉機器展_災害対策リハ工学セミナー

南多摩福祉機器展会場案内_災害リハ工学セミナー資料

第5回南多摩福祉機器展 災害対策リハ工学セミナー(後援)

 

べんりグッズ体験 第5回南多摩福祉機器展

災害時の福祉機器・生活支援技術を学びあう 災害対策リハ工学セミナー

べんりグッズ体験 第5回南多摩福祉機器展
第3回災害対策リハ工学セミナー

第5回南多摩福祉機器展 災害対策リハ工学セミナーご案内(PDF)
「ポスターイラスト作者(4度の脳卒中を乗り越えた国際的作家)の略歴」

災害時要援護者(高齢者、障害者、外国人、旅行者、乳幼児等)が抱える諸課題の改善、防災・減災に通じる生活環境のバリアフリーを共に学びあう。
2020年オリンピック・パラリンピックに向け、日本を訪ねる全ての人々の安全とアクセシビリティー向上に資する方策を考える。
くらし・余暇活動・スポーツ・健康・災害に役立つユニバーサルな共用品・生活便利用具・福祉用具・医療機器の開発普及促進をはかる。

開催日時:
べんりグッズ体験 第5回南多摩福祉機器展
2019年 11月16日・17日(土日) 11:00~16:00
主催: 南多摩福祉機器展実行委員会
第3回災害対策リハ工学セミナー
11月16日(土) 12:00~15:00 セミナー・製作体験
11月16日・17日(土日) 展示体験
主催: 一般社団法人日本リハビリテーション工学協会
併催: TAKAOフェスタ2019
後援:
南多摩保健医療圏地域リハビリテーション支援センター
西多摩保健医療圏地域リハビリテーション支援センター
特別協力:
八王子いちょう祭り祭典委員会
 
開催場所:
第40回八王子いちょう祭り L会場
イーアス高尾(複合商業施設) 1F平面駐車場
(雨天時:1F東側入口こもれび広場左奥)
JR・京王 高尾駅 より徒歩6分 駐車場無料開放 

参加費: 無料
ミニテーブル製作体験(16日のみ):参加費100円 定員20名 先着順
参加者: 約800名

リンク:
一般社団法人日本リハビリテーション工学協会
 (災害対策リハ工学セミナー主催)
イーアス高尾(TAKAOフェスタ)(複合商業施設)
八王子いちょう祭り

ご案内(PDF)のダウンロード

平成29年度 福祉用具講習会

 

テーマ:―同時改定と福祉用具― 市民・多職種 学びあいサロン

平成29年度 福祉用具講習会
平成29年度 福祉用具講習会 ご案内(PDF)

平成30年同時改定により、介護保険:福祉用具貸与制度では、製品の複数提案と上限価格設定という見直しが導入されます。また、障害福祉:補装具費支給制度における借受けの導入も始まります。制度改定を利用者への支援に役立てられるよう、みんなで学びあいましょう。

開催日時: 平成30年3月7日(水)
19:00~20:30
 
開催場所: エスフォルタアリーナ八王子 会議室 
京王高尾線狭間駅目の前
 

参加費: 無料
対 象: 福祉用具に関心のある方 
福祉用具利用者・家族、介護支援専門員・福祉用具専門相談員・開発者・医師・リハビリ・看護・介護・行政専門職・教育研究職、学生・市民
講 師: 国際医療福祉大学大学院教授
     福祉支援工学分野 東畠 弘子 先生
講 演:「平成30年介護報酬改定に伴う福祉用具貸与の見直しについて」
     *福祉用具・補装具関連制度 平成30年改定内容の概説
     *「利用者に複数の福祉用具を提案する場面」のグループワーク・実習を予定
参 加: 無料 定員60名 先着順 締切:3月3日(土)
参加者: 36名
申 込: 当センターHP専用フォームより

ご案内(PDF)のダウンロード
申込専用フォーム

平成28年度 福祉用具講習会 報告・アンケート

 
平成28年度福祉用具講習会@第37回八王子いちょう祭り

平成28年度福祉用具講習会 報告・来場者アンケート

▲PageTop
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。
Copyright © 2021 Tokyo South-Tama Community Based Rehabilitation Center (M-CBR). All Rights Reserved.