平成23年度 第2回 新人セラピスト教育研修 -実績報告-

 

テーマ: HNA; Human Normal Action理論によるトランスファ

平成23年度第2回新人セラピスト教育研修
平成23年度第2回新人セラピスト教育研修 ご案内(PDF)

毎年好評を得ています「HNA理論による移乗動作法」の講習会、今年度は新人教育研修として企画しました。実技が主体のインフォメーションコースです。現場で活かせる技術をぜひ体感してください。職種に関係なく医療・介護・リハビリにあたる多くの皆様の参加をお待ちしております。
※本研修会は入職1~3年目のセラピストを対象として企画しています。

開催概要

開催日:   平成23年 9月29日(木)
会 場:   永生病院
参加人数:  52名
講 師:   動作介助研究会インストラクターの皆さん

内容

2011年度第2回新人研修プログラムの様子1

【1. Human Natural Actionとは】
 人間の正常な動作パターンが理論の中心として用いられる。
 「持ち上げる」ことによる腰痛・事故を防ぐ。
 最小限の介助で行われるためケースの残存能力が活かされる。

【2. トランスファーに介助が必要なケース】
 下肢の支持性はあるが、立ち上がれないケース。
 下肢・体幹の支持性が無いケース。

2011年度第2回新人研修プログラムの様子2

【3. 介助をする上で忘れてはならないこと】
 ケースの能力を的確に判断する。
 「ケースを動かす」のではなく「動くことを手伝う」。
 「してあげる」ことでケースの能力を奪わない(過介助になっていないか?)。
 「適切な声かけ」も立派な介助である。
 ケースが不快な思いをしていないか考える。

感想

  • 普段の日常の接し方を再確認する。よい機会となりました。
  • 分かりやすい説明と実演をとても学習できました。全ての患者様の身になることが大切だと思いました。
  • 意外な方法で行うのに驚きました。介助とは相手の出来ない部分を見極めて介助するという基本を知る事が出来ました。
  • 対象者の隣に座って太ももの上にのせるやり方は、初めて知りました。
  • 今まで介助者の目線でトランスしていましたが、対象者の立場に立ったトランスを改めて教えられたと思います。
  • 重心を感じることは今までにもよく言われてきましたが、このような実技により、より深く理解できました。
  • 実技をたくさんやっていただけて、とてもわかりやすかったです。
  • スライド法を初めて実践してみて、トランスがこんなに楽にできることに驚きました。

心に残った一言

 「移乗介助は、介助者の筋力や体格とは無関係。動きのコツを覚えればよい。」

関連リンク

平成23年度(2011年度) 実績報告の一覧へ

平成23年度 第1回 新人セラピスト教育研修 -実績報告-

 

テーマ: 臨床が変わる90分間の軽イイ話 part2-美味しく食べる機能的座位

平成23年度第1回新人セラピスト教育研修
平成23年度第1回新人セラピスト教育研修 ご案内(PDF)

食事に限った事ではありませんが、姿勢が日常生活活動・機能に与える影響は、ご周知のとおりです。今回は、neck free をキーワードに、講義・実技を予定しています。
※本研修会は入職1~3年目のセラピストを対象として企画しています。

開催概要

開催日: 平成23年 9月15日(木)
会 場: 北原国際病院
参加人数: 38名
講 師: 北原脳神経外科病院リハビリテーション科
      八児 正次 先生

内容

2011年度第1回新人研修プログラムの様子1

【1. 食事動作】
 咀嚼・嚥下・味覚の探索が主体となる活動
 姿勢・上肢手指の巧緻性・感覚からの情報・情動などさまざまな要素が必要
 先行期の反応が嚥下反射に影響

【2. 障害像】
 異常性と代償がみられる
 片麻痺患者は感覚情報が不足している→活動の中で変化を作る(柏木)

2011年度第1回新人研修プログラムの様子2

【3. 食事のための機能的座位】
 安定し上肢手や頭頚部が自由であること
 姿勢セット(予測的姿勢制御)→骨盤やや後傾・胸腰推移部・胸椎下部で抗重力伸展
 コアコントロール / ネックフリー

【4. 実技】
 姿勢の安定と運動連鎖、頸部の分離(自由性)を体験する
 座位:隣の人とペアで、座位保持・立ち上がりにおける相手の動きを感じとる。
 臥位:隣人とペアで頚部・体幹・下肢を操作し、身体反応の変化を感じとる。

感想

  • とても勉強になりました。ありがとうございました。
  • 今回の内容で学んだ事を再度練習し、日々の臨床に生かしていきたいと思います。
  • 実技もあり、分かりやすく、今後に生かしていきたいと思いました。
  • 実技時スタッフが多かったのはよかったと思います。
  • コアスタビリティの再確認ができました。
  • スタビリティ→モビリティの反応は今後を活かしたいと思いました。
  • 実習では実際の頚部や胸郭の動きが理解できました。
  • STにも分かりやすいように説明してくださり、ありがとうございました。明日から実践してみようと思いました。

心に残った一言

 「安楽な睡眠や楽しい食事、清潔な身辺環境の維持の中にこそQOLは存在する。」

関連リンク

平成23年度(2011年度) 実績報告の一覧へ

平成22年度(2010年度) 新人教育研修 一覧

 

平成22年度(2010年度) 新人教育研修 一覧

  日程 施設名 内容・テーマ・仮題
第1回 9月29日(水) 北原脳神経外科病院 臨床が変わる 60分間の軽イイ話(片麻痺編)
第2回 10月13日(水) 東海大学八王子病院 虚血性心疾患の運動処方・運動療法
第3回 11月10日(水) 多摩丘陵病院 明日から使える関節可動域訓練
第4回 12月8日(水) 東京天使病院 そうだ! 画像所見を診てみよう!
第5回 平成23年
1月12日(水)
永生病院 セラピストのためのコミュニケーションスキルアップ講座 基礎の基礎

平成22年度 第5回 新人セラピスト教育研修 -実施講習会等の概要-

 

テーマ: 「セラピストのためのコミュニケーションスキルアップ講座 基礎の基礎」

平成22年度第5回新人セラピスト教育研修
平成22年度第5回新人セラピスト教育研修 ご案内(PDF)

言葉でのコミュニケーションをとりにくい患者さまを前にして、戸惑ったことがありませんか。
障害の理解と、ちょっとした工夫で、その患者さまからもっとたくさんのことを引き出せるはず。
今回は特に高齢者に生じやすいコミュニケーション障害である失語症・構音障害・難聴について概説し、対応方法を紹介していきます。

開催概要

開催日:   平成23年1月12日(水)
会 場:   永生病院
参加人数:  43名
講 師:   八王子言語聴覚士ネットワーク
       江村俊平 先生(永生クリニック)

内容

2010年度第5回新人研修プログラムの様子1

【1.構音障害】 発声・構音器官の運動障害 Speech
 呼吸―発声/韻律―共鳴・構音
 肺ー声帯―軟口蓋・舌・顎・口唇
 脳―神経
 原因:脳損傷、神経―筋疾患
 評価:聴覚印象による重症度の評価 会話明瞭度
 対応:発話のスピードを落とす 発話に慣れる
 代償的表出手段:筆談、文字盤、トーキングエイド、レッツチャット、透明文字盤、意思伝達装置

2010年度第5回新人研修プログラムの様子2

【2.失語症】 言語言語を使用する能力の障害 Language
 原因:言語野の損傷
 共通の症状:喚語困難、錯語、聴理解の障害
 対応:情報を伝える
 状況理解を促す(絵、ジェスチャー、指さし、カレンダー・地図、画像検索)、適切な刺激入力(ノイズを減らす、区切ってゆっくり話す、繰り返す、情報を絞り整理する)
 対応:情報を引き出す
 じっくり待つ、代償表出手段(紙と筆記具、書字、描画、はい/いいえ、選択肢の提示)

【3.難 聴】 聴覚(聴こえ)の障害 Hearing
 老人性難聴:内耳性 + 後迷路性難聴
 原因:加齢に伴う生理的変化
 特徴:語音弁別(言語音の聞き取り)困難、進行緩徐で自覚に乏しい、他問題を合併
 対応:補聴器の適合、口の動きを提示、ゆっくり区切る、視覚的な刺激を活用

 心に残った一言:「その人を知ることが、コミュニケーションのしやすさにつながる。」

感想

  • 今まで聞いたことがあったが、理解が不十分であったことが確認でき、参加して良かったです。工夫次第で、コミュニケーションがしやすくなることが分かりました。明日から早速利用したいと思います。
  • 臨床で失語症の患者さんとご家族とのコミュニケーションにおいて、何かアドバイスできたらと思っていながらもSTさん任せにしていた部分がありました。今日学んだ対応方法をOTとしてもご家族さんに提案できるようになりたいと思います。ありがとうございました。
  • 分かりやすく、楽しく勉強させていただきました。構音障害の部位別の判定の仕方など聞いてみたいと思います。
  • 中枢神経症状の有無に関わらず重要な内容だったと思います。身近なtopicでありながら新たな気付きがあり、明日から意識して取り組んでいきたいです。
  • 失語の患者様を受け持っていて、表出方法を広げたいと思っていました。本日、研修を受けてそのヒントがいくつか得られました。ありがとうございました。
  • 実例を含め、分かりやすかった。普段意識が少ないコミュニケーションを考えながら、患者に介入して行く必要があると感じた。
  • 失語症や難聴の患者さまと関わる機会は非常に多いので、とても勉強になりました。本当に明日から使えるような詳しい対応の仕方を知ることができて、明日からの患者さまとのコミュニケーションがたのしみになりました。ありがとうございました。
  • 私はSTですが、患者さまやご家族様に説明する場合にはこういう風に伝えればいいのかということを江村先生の講義から学ぶことができました。密度の濃い内容を分かりやすく楽しく学ぶことができました。どうもありがとうございました。
  • STの方から話を聞く機会がないので、新たな知識が得られました。ありがとうございました。
  • 具体的に映像や音声を用いて説明して下さったので、理解しやすかったです。

関連リンク

平成22年度(2010年度) 実施講習会等の概要一覧へ

平成22年度 第4回 新人セラピスト教育研修 -実施講習会等の概要-

 

テーマ: 「そうだ! 画像所見を診てみよう!」

平成22年度第4回新人セラピスト教育研修
平成22年度第4回新人セラピスト教育研修 ご案内(PDF)

画像所見を診ることは選択しうる評価手技の一つです。
画像所見は知識と経験が必要で、最初はとっつきにくいものですが、患者様が模範解答となり、毎回答え合わせをしてトレーニングが可能です。最新鋭の機器も、解らないから使わないのでは宝の持ち腐れです。最初の一歩を踏み出すための基本的な内容を紹介します。

開催概要

開催日:   平成22年12月8日(水)
会 場:   東京天使病院
参加人数:  83名
講 師:   佐々木 良 先生
    (東京天使病院 リハビリテーション科 科長)

内容

2010年度第4回新人研修プログラムの様子1

【1.脳機能局在論の歴史】
 17世紀から20世紀初頭:骨相学、ブローカ・ウェルニッケ、ブロードマン
 20世紀前半から1980年代:負傷兵、ロボトミー、分離脳
 1990年代以降:MRI、PET

【2.神経の基本構造】
 ニューロン、樹状突起、神経突起、伝導・伝達、神経伝達物質

【3.大脳皮質の名称】

2010年度第4回新人研修プログラムの様子2

【4.大脳皮質の解剖】
 橋,トルコ鞍入り口のレベル:前頭葉、側頭葉、橋、小脳
 橋上部レベル:前頭葉、側頭葉、視床下部、中脳、小脳
 第3脳室レベル:線条体(被殻、尾状核)、内包、視床下部
 松果体レベル:線条体(被殻、尾状核)、内包、視床
 脳梁膨大レベル:脳梁膨大部、側脳室
 側脳室体部レベル:帯状回
 側脳室上方レベル:帯状回、帯状溝

【5.大脳皮質の機能局在論】
 運動野(ブロードマン4野):運動そのものに関与、機能分化が明確
 補足運動野(ブロードマン6野):運動の調節に関与

【6.画像所見を用いた演習】

 心に残った一言:「患者様が模範解答となり、毎回答え合わせを繰り返していくことで、画像診断ができるようになる!」

感想

  • 明日から今回の資料をもとにMRIをみてみようと思いました。本当に勉強になりました。復習をしたいと思います。とっつきにくい画像について興味がわきました。
  • 知識・学問として学んできたものの、なかなか臨床場面で見ても役立てることができずにいました。まだ分からないことばかりですが、今日をきっかけに多くの画像を見てゆこうと思います。ありがとうございました。
  • 大変ためになるご講演ありがとうございました。画像を見ることで、回復の見込みなどが予想できるなど新たな発見がありました。
  • 視床=感覚麻痺と大雑把にとらえていましたが、今回の勉強会を通しもっと細かく評価し治療につなげることが大切だと感じました。
  • 画像は今まで何回も見ていますが、本etcでみながら確認しても、いまいちよく理解できませんでした。この資料を活用しながら再度勉強していきたいと思った。できればもう少し時間をかけて説明してほしかったです。
  • 脳画像の見方が実用的な方法を知ることができました。自力でトレーニングしてみます。ありがとうございました。
  • 解剖学の勉強も改めてし直さなければいけないと実感しました。
  • 今まで画像から症状を考えたことはなかったので、今後意識して画像をみていきたいと思います。ありがとうございました。
  • 基本ではついていけたのに、途中からついていけないと思いがっくりしてましたが、画像トレーニングでは理解できてホッとしました。解剖での見分けるポイントとか最高でした。
  • 画像の勉強は必要だと思いながら難しく避けてしまいがちでしたが、今回の分かりやすい資料と講義で、もっと画像を見て、患者さんの症状と比較してみようと思いました。ありがとうございました。
  • 深い分野だと思うので、今日の内容を基本にして勉強したいと思います。

平成22年度(2010年度) 実施講習会等の概要一覧へ

▲PageTop
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。
Copyright © 2020 Tokyo South-Tama Community Based Rehabilitation Center (M-CBR). All Rights Reserved.